【2021年3月1日週】米国株セクター分析

米国株セクター分析2021年3月8日週米国株セクター分析

今週も大荒れの相場でした。

理由は景気回復を見込んだ米国債10年利回り上昇によるものです。

コロナウイルスのワクチン普及スピードアップ(先週のJ&Jのワクチン認可)、金曜日に発表された雇用統計の数字も予想を上回る結果だったなどが考えられます。

しかし、金曜日は寄り付きで上げたあとズルズルと下げていましたが、日本時間の1時30分くらいから引けに掛けて上昇していきました。イエレンさんの下記の発言が効いたのでしょうか?

米財務長官「インフレ急進の不安当たらず」-長期金利上昇は回復期待

米財務長官「インフレ急進の不安当たらず」-長期金利上昇は回復期待
イエレン米財務長官は最近の米国債利回りの上昇について、インフレが突発的に急加速する見通しを反映しているとの不安は当たらないとの認識を明らかにした。

・・・と、この記事を書いている時に高橋ダンさんの動画がアップロードされていましたので、こちらの動画の理由も確認されるとよいかと思います。

ハイテク株を買う!回復の理由を誤解するな!

米国のコロナ感染者数は減少トレンドではあるものの、減少ペースは鈍化しています。ワクチン接種も進んでいますし、ここから第4波なんてことはないかと思っていますが、定期的にチェックはしておきましょう。

米国コロナ感染者数

それではさっそく米国株セクター分析をしていきます。

スポンサーリンク

各種指数・指標の振り返り

米国主要指数パフォーマンス

指数先週終値今週終値先週比年初来
S&P500指数3811.163841.95100.8%103.8%
ナスダック100指数12909.4412663.7598.1%99.8%
ダウ平均株価30932.3831496.31101.8%104.2%
ラッセル2000指数2201.0512192.211799.6%112.7%
ろじゃじろう
ろじゃじろう

ついにナスダック100指数が年初来を割りました

その他関連指標

指標先週終値今週終値先週比年初来
米ドル/円106.5108.36101.7%105.1%
米国債10年利回り1.4191.566110.4%171.5%
金価格(XAUUSD)1734.3751703.1298.2%87.7%
WTI原油価格61.5366.26107.7%140.0%
ろじゃじろう
ろじゃじろう

金価格(その他、コモディティも)の下げが止まりません。金利上昇、ドル高と逆風が吹き荒れています。一方で原油価格は上昇しまくっています。雇用統計が予想を上回り、経済が回りだす見込みであることとOPECプラスで4月まで減産が延長されたが要因です。

米国株セクター分析結果

米国株セクター概要

finviz.comのS&P500Mapを用いてセクターの今週の値動きを把握します。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

なんとか金曜日に盛り返してくれたおかげで緑色が目立つマップになりました。しかし、情報技術(半導体)、ヘルスケア、一般消費財あたりは軟調な1週間でした。

米国株セクターETF毎の騰落率サマリ

セクター分析に用いるETF一覧

微妙にfinviz.comのセクター分類と異なる銘柄が存在しています。例えば、ビザとマスターカードが金融ではなく、情報技術に分類されていたりします。

セクターETF主要構成企業(上位3位+私が気になった銘柄)
情報技術VGTAAPL、MSFT、V、MA、NVDA、PYPL、ADBE
一般消費財VCRAMZN、TSLA、HD、MCD、NKE
ヘルスケアVHTJNJ、UNH、PFE
生活必需品VDCPG、KO、PEP、WMT、PM
素材VAWLIN、APD、NEM
公益VPUNEE、D、DUK
資本財VISUNP、HON、UPS
通信VOXFB、GOOG、GOOGL、VZ
不動産IYRAMT、PLD、CCI
金融VFHJPM、BRK-B、BAC
エネルギーVDEXOM、CVX、COP
※ETFはバンガード社(不動産のみステート・ストリート社)、リンク先はブルームバーグ

セクターETFの株価(終値)と騰落率

各セクターETFの株価(終値)と騰落率は以下のとおりです。

先週比:S&P500指数と先週終値を上回ったセクターは緑色、下回ったセクターは赤色で表示
年初来:S&P500指数と年初終値を上回ったセクターは緑色、下回ったセクターは赤色で表示

セクターETF先週終値今週終値先週比年初来
情報技術VGT356.5348.497.7%100.1%
一般消費財VCR283.52278.0398.1%102.3%
ヘルスケアVHT224.62222.3199.0%99.9%
生活必需品VDC165.7169.26102.1%98.3%
素材VAW160.13164.77102.9%105.8%
公益VPU128.27131.26102.3%98.0%
資本財VIS176.27180.74102.5%108.8%
通信VOX128.46130.52101.6%110.3%
不動産IYR87.3586.3398.8%104.3%
金融VFH80.1883.53104.2%116.3%
エネルギーVDE66.6573.45110.2%140.9%
S&P500VOO349.59352.69100.9%104.0%

セクターETFの株価(終値)の年初来騰落率

セクターごとの年初来パフォーマンス
ろじゃじろう
ろじゃじろう

1位:エネルギー、2位:金融、3位:通信と変化ありませんでした。生活必需品セクター、公益セクターに加え、ヘルスケアセクターもマイナスに転じました・・・これで情報技術セクターも焼かれたらろじゃじろうの秘密のポートフォリオ5種は崩壊してしまいます(笑)

過去のセクター別の上昇率ランキング

 novelinvestor.comの表を日本語に翻訳
ろじゃじろう
ろじゃじろう

21年3月現在のエネルギーセクターは年初来で40%も上昇しており、今年はどこまで上がり続けるのか楽しみです。

セクターETF毎のチャート分析

日々の値動きを把握するために、Trading Viewを用いてチャートをチェックします。

以下のチャートは全て「日足チャート」です。チャートに100日移動平均線、出来高を重ねています。また、テクニカル指標としてRSIとボリンジャーバンドを合わせて表示。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

いつもはMACDを表示させていましたが、どこらへんまで下がっていくのかを把握するためにボリンジャーバンドに変更しました(でも、ボリンジャーバンドを突き抜けていく場面が多々ありましたが・・・)

VOO(S&P500)

VOO(S&P500)
  1. 株価
    • 先週比:100.9%
    • 年初来:104.0%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :6,156,372 / 173.1%
    • 中央値:6,317,636 / 191.7%
    • 最小値:3,725,252 / 257.3%
    • 最大値:8,671,898 / 100.0%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

先週予想していたとおり、10年利回りは上昇し、サポートライン(緑色)もボリンジャーバンドもブレイクしていきましたが、金曜日終値では上に戻してきました(金曜日にこんなに上昇していくのは想定外でした)。ただし、RSIは黄色の線を抵抗線として下がり続けているため、こちらを週明けに突破できるのかを注目していきたいところです。

下記はサポートラインで下げ止まると思って購入したVOOさん達は最終的にはプラスになってくれているのでよかったです(木金と下げたときは「やっちまったー!」と心の中で叫んだのは秘密ですw)

VOO約定履歴

VGT(情報技術)

VGT(情報技術)
  1. 株価
    • 先週比:97.7%
    • 年初来:100.1%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :764,321 / 131.3%
    • 中央値:668,116 / 135.8%
    • 最小値:442,195 / 242.4%
    • 最大値:1,144,334 / 62.8%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

100日移動平均線もボリンジャーバンドも突き抜ける大きな下げを見せたVGTでしたが、金曜日はなんとか戻してきました。とはいえ、VOO同様にRSIは黄色の抵抗線を突破できるかが肝になりそうです。焦って買いまくらないように注意しようと思います。VOOほど出来高がそんなに大きくない点も気になります。

下記は過去の株価から抵抗線になりそうなポイントでチマチマと指値をいれていたものが刺さった図です。こちらも金曜終値は上回りましたが、週明けは下げそうな気もしています・・・

VGT約定履歴
ろじゃじろう
ろじゃじろう

334.14ドルにも1口指値を入れていますが、ここまで下げてくるかなぁ

VCR(一般消費財)

VCR(一般消費財)
  1. 株価
    • 先週比:98.1%
    • 年初来:102.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :180,783 / 144.6%
    • 中央値:203,179 / 168.0%
    • 最小値:110,082 / 290.9%
    • 最大値:235,565 / 100.0%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル
<br>ろじゃじろう

ろじゃじろう

こちらも100日移動平均線、ボリンジャーバンドを突き抜け系銘柄でした。このブログで初登場のボリンジャーバンドさん仕事していない(笑)動きとしてはVGTと同様な感じです。

下記は過去の安値を目安に指値を入れていたものが刺さったやつ

VCR約定履歴

VHT(ヘルスケア)

VHT(ヘルスケア)
  1. 株価
    • 先週比:99.0%
    • 年初来:99.9%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :299,399 / 114.3%
    • 中央値:226,841 / 98.0%
    • 最小値:194,515 / 158.7%
    • 最大値:608,277 / 100.0%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

チャートの形状はこれまでの銘柄と同じですが、金曜日の出来高が通常時のレベルだった点が気になります。

下記約定履歴の木曜日のやつはノリで指値入れてしまったやつ(222で猫の日とかアホな事言いながら・・・)、金曜日の方はちゃんと真面目に過去の株価から底値ラインを予想したやつで、底値で拾えたので気持ちよかったです。

VHT約定履歴

VDC(生活必需品)

VDC(生活必需品)
  1. 株価
    • 先週比:102.1%
    • 年初来:98.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :126,129 / 95.3%
    • 中央値:127,492 / 108.8%
    • 最小値:93,496 / 158.1%
    • 最大値:161,795 / 15.7%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル(だけど週明け上昇に転換しそう)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

生活必需品セクターは金曜日に過去6日分の株価を戻してきました。ただし、金曜日の出来高が全然多くない点が気になります。RSIは黄色の抵抗線をブレイクしてきたため上昇に転じそうな気がしているのですが、出来高が伴っていないのが気になる・・・

VAW(素材)

VAW(素材)
  1. 株価
    • 先週比:102.9%
    • 年初来:105.8%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :174,449 / 122.8%
    • 中央値:170,502 / 147.7%
    • 最小値:134,682 / 458.0%
    • 最大値:243,034 / 27.2%
  3. トレンドサイン
    • RSIは上昇シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

ついにボリンジャーバンドが仕事をしている銘柄が(笑)景気回復局面では素材セクターは強いと言われていますし、あまり下落をせずにこらえています。そして出来高はめちゃくちゃ高いというわけでもありません。

VAWの約定履歴ですが、ちょっと早まったかもしれませんが、これから上昇していくことを見越して買い増ししていきます。

VAWの約定履歴

VPU(公益)

VPU(公益)
  1. 株価
    • 先週比:102.3%
    • 年初来:98.0%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :369,491 / 157.1%
    • 中央値:367,103 / 173.1%
    • 最小値:350,247 / 388.9%
    • 最大値:395,659 / 56.4%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

下落トレンドかつセクターローテーション上は弱い象限に属している公益セクターは興味が持てないんですよね(笑)RSIは数値的には下落ですが、黄色の抵抗線をブレイクしましたし、来週は上昇に転じていくかもしれません。

VIS(資本財)

VIS(資本財)
  1. 株価
    • 先週比:102.5%
    • 年初来:108.8%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :196,283 / 110.1%
    • 中央値:190,847 / 146.7%
    • 最小値:123,118 / 395.5%
    • 最大値:306,820 / 33.6%
  3. トレンドサイン
    • RSIは上昇シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

資本財セクターもセクターローテーション上は強い銘柄ですし、全然下げていないです。出来高も普通レベルですし、なかなか手が出せません(が、欲しいので170.1ドルで指値入れました)

VOX(通信)

VOX(通信)
  1. 株価
    • 先週比:101.6%
    • 年初来:110.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :193,664 / 120.1%
    • 中央値:168,897 / 135.1%
    • 最小値:84,803 / 303.8%
    • 最大値:350,008 / 43.5%
  3. トレンドサイン
    • RSIは上昇シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

通信セクターはサポートラインで反転しました。Google、FBなど強いですね。なんでサポートラインで指値入れていなかったんだろうという感じですが、セクターローテーションの左下に属しており、RSIも黄色の抵抗線に沿って下がっている点が気になります。

IYR(不動産)

IYR(不動産)
  1. 株価
    • 先週比:98.8%
    • 年初来:104.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :13,893,336 / 203.6%
    • 中央値:14,819,926 / 290.5%
    • 最小値:7,882,506 / 802.9%
    • 最大値:18,710,510 / 100.0%
  3. トレンドサイン
    • RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

7営業日目にして陽線で引けましたが、100日移動平均、ボリンジャーバンドを突き抜けたあと、引けでは反転してきました。出来高も直近90日では最大をつけました。

VFH(金融)

VFH(金融)
  1. 株価
    • 先週比:104.2%
    • 年初来:116.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :860,093 / 136.5%
    • 中央値:778,953 / 148.6%
    • 最小値:719,201 / 465.1%
    • 最大値:1,043,295 / 52.7%
  3. トレンドサイン
    • RSIは上昇シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

金融セクターはほとんどボリンジャーバンド、チャネルラインの中で推移してきています。もう少し株価が下がったら投資しようと思って、眺めていたら上げ続けてしまいました(汗)今の分析方法や短期投資でセクターETFを使う方針をやっていれば1月末に投資していたんですけどね

VDE(エネルギー)

IYR(不動産)
  1. 株価
    • 先週比:110.2%
    • 年初来:140.9%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :1,766,129 / 143.9%
    • 中央値:1,496,801 / 142.5%
    • 最小値:1,317,428 / 284.3%
    • 最大値:2,558,106 / 75.4%
  3. トレンドサイン
    • RSIは上昇シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

エネルギーセクターはチャネルラインから上にブレイクしていきました。毎日一部利確するかどうかを悩んでいたのですが、60ドルくらいまでホールドしようかなと考えています(その後、半分くらい利確かなぁ)。

まとめ

全体的には各セクターともに出来高の多い週でした。

勤務先の株を2月下旬に売却したこともあり、あと500万円程度を再投資しようと考えていますので、押し目があれば積極的に投資していきます(なくても、チマチマと積み立てていきます)。

先週の振り返りでは3月は静観するなんて言っていましたが(笑)

1.9兆ドルの追加景気刺激策が上院でも可決したようで、来週は株式市場に大きな動きがありそうです。

  1. 景気刺激策により長期金利が上昇(&株価下落?)
  2. 材料出尽くし感により、長期金利は下落&株価上昇

ということで、「株式比率を最大限に高めて!」とのことです。

大型インフラプロジェクト」が来ない=クリエネ死亡?ってなれば、エネルギーセクターは一段と上げていく展開になったり?

とはいえ、数日単位の超短期の話でもないため、来週一時的に下げても狼狽しないことが大切です。

コメント