【2021年1月25日週】米国株セクター分析

米国株セクター分析2021年1月25日週米国株セクター分析

今週はゲームストップ株のロビンフッダー(個人投資家) vs ヘッジファンド(機関投資家)が話題になった週です。個人が団結することで機関投資家に戦いを挑んで勝利しました。まるで映画のような話ですね。

ゲームストップ株の時価総額110億ドル消失、時間外では急反発
28日の米株式市場で、ビデオゲーム小売りチェーン大手ゲームストップの株価が急落し時価総額は110億ドル(約1兆1500億円)近く吹き飛んだ。複数の株取引プラットフォームが自社アプリでのゲームストップ株売買を制限したため、ボラティリティー(変動性)が高まり、同社株を選好していたリテール(小口)投資家の怒りを買った。

あと米国株と関係ありませんが、イーロン・マスクがTwitterの自身のページに#bitcoinと記載後の数分間で15%も急騰しました。ビットコインはボラタリティが凄いので短期売買する時は逆指値を入れておかないと簡単に焼かれてしまいますね。

ビットコインが急伸、マスク氏のツイッターページに「#bitcoin」
暗号資産(仮想通貨)ビットコインが上げを広げ、一時3万8000ドルを上回った。電気自動車メーカー、テスラの創業者イーロン・マスク氏がツイッターのプロフィルページで言及した。

それではさっそく米国株セクター分析をしていきます。

各種指数・指標の振り返り

米国主要指数パフォーマンス

指数先週終値今週終値騰落率
S&P500指数3841.483714.2596.7%
ナスダック100指数13366.412925.3896.7%
ダウ平均株価30996.9929982.6396.7%
ラッセル2000指数2168.75812073.641295.6%
ろじゃじろう
ろじゃじろう

今週は主要4指数ともに下落しました(2月も下がるかなと考えているため、少しだけ買い増ししました)

その他関連指標

指標先週終値今週終値騰落率
米ドル/円103.7104.67100.9%
米国債10年利回り1.0991.06997.3%
金価格(XAUUSD)1855.81847.7499.6%
WTI原油価格52.0652.17100.2%
ろじゃじろう
ろじゃじろう

ドル円は105円に行きそうな一方、米国債10年利回りは1%付近まで下がってきました

米国株セクター分析結果

米国株セクター概要

finviz.comのS&P500Mapを用いてセクターの今週の値動きを把握します。

S&P500マップ
ろじゃじろう
ろじゃじろう

今週は真っ赤になりました

米国株セクターETF毎の騰落率サマリ

セクター分析に用いるETF一覧

微妙にfinviz.comのセクター分類と異なる銘柄が存在しています。例えば、ビザとマスターカードが金融ではなく、情報技術に分類されていたりします。

セクターETF主要構成企業(上位3位+私が気になった銘柄)
情報技術VGTAAPL、MSFT、V、MA、NVDA、PYPL、ADBE
一般消費財VCRAMZN、TSLA、HD、MCD、NKE
ヘルスケアVHTJNJ、UNH、PFE
生活必需品VDCPG、KO、PEP、WMT、PM
素材VAWLIN、APD、NEM
公益VPUNEE、D、DUK
資本財VISUNP、HON、UPS
通信VOXFB、GOOG、GOOGL、VZ
不動産IYRAMT、PLD、CCI
金融VFHJPM、BRK-B、BAC
エネルギーVDEXOM、CVX、COP
※ETFはバンガード社(不動産のみステート・ストリート社)、リンク先はブルームバーグ

セクターETFの株価(終値)と騰落率

各セクターETFの株価(終値)と騰落率は以下のとおりです。

先週比:S&P500指数と先週終値を上回ったセクターは緑色、下回ったセクターは赤色で表示
年初来:S&P500指数と年初終値を上回ったセクターは緑色、下回ったセクターは赤色で表示

セクターETF先週終値今週終値先週比年初来
情報技術VGT363.79351.396.6%101.0%
一般消費財VCR293.83283.2996.4%104.3%
ヘルスケアVHT234.3229.0397.8%102.9%
生活必需品VDC169.06166.7998.7%96.9%
素材VAW161.6153.2594.8%98.4%
公益VPU137.45135.7998.8%101.4%
資本財VIS173.47164.9895.1%99.3%
通信VOX123.54119.9797.1%101.4%
不動産IYR85.9785.2899.2%103.1%
金融VFH75.371.7495.3%99.9%
エネルギーVDE58.0154.4393.8%104.4%
S&P500VOO351.9340.1896.7%100.3%

セクターETFの株価(終値)の年初来騰落率

ろじゃじろう
ろじゃじろう

1位:エネルギー、2位:一般消費財、3位:不動産となりました。2月は順位変動があるのか注目です

セクターETF毎のチャート分析

日々の値動きを把握するために、Trading Viewを用いてチャートをチェックします。

以下のチャートは全て「日足チャート」です。チャートに100日移動平均線、出来高を重ねています。また、テクニカル指標としてMACDとRSIも合わせて表示。

VOO(S&P500)

VOO(S&P500)
  1. 株価
    • 先週比:96.7%
    • 年初来:100.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :4,045,090 / 123.6%
    • 中央値:3,548,997 / 118.8%
    • 最小値:2,430,244 / 246.8%
    • 最大値:5,803,647 / 71.7%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

3ヶ月ほど使えていた緑色のトレンドラインを下にブレイクしてしまいました。黄色のサポートラインが機能するのか来週は要チェック!もし、ここを割ると100日移動平均線を試す展開かな?

VGT(情報技術)

VGT(情報技術)
  1. 株価
    • 先週比:96.6%
    • 年初来:101.0%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :877,970 / 152.9%
    • 中央値:793,950 / 162.8%
    • 最小値:469,275 / 257.2%
    • 最大値:1,350,942 / 74.2%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

VOO同じような動きをしていますが、まずは50日移動平均線を試す展開か

VCR(一般消費財)

VCR(一般消費財)
  1. 株価
    • 先週比:96.4%
    • 年初来:104.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :138,354 / 122.3%
    • 中央値:147,510 / 137.6%
    • 最小値:91,567 / 242.0%
    • 最大値:182,618 / 82.1%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは使いづらい(来週に下落シグナル入りしそう)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

先の2銘柄よりは下げがマシですが、同じトレンドです。こちらも50日移動平均線を試す展開になりそう。

VHT(ヘルスケア)

VHT(ヘルスケア)
  1. 株価
    • 先週比:97.8%
    • 年初来:102.9%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :296,845 / 104.6%
    • 中央値:329,724 / 130.8%
    • 最小値:201,295 / 274.9%
    • 最大値:346,041 / 44.3%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは使いづらい(来週に下落シグナル入りしそう)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

これまでの銘柄と違い、トレンドライン内に収まっていますが、来週以降ブレイクせずに耐えられるのか見ものです

VDC(生活必需品)

VDC(生活必需品)
  1. 株価
    • 先週比:98.7%
    • 年初来:96.9%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :155,337 / 121.4%
    • 中央値:163,361 / 161.4%
    • 最小値:124,919 / 267.8%
    • 最大値:177,688 / 17.3%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

元々、軟調だった生活必需品セクターも例に漏れずトレンドラインの下値をブレイクしました。更に100日移動平均線も下回っており161ドル付近を試す展開も?

VAW(素材)

VAW(素材)
  1. 株価
    • 先週比:94.8%
    • 年初来:98.4%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :147,358 / 120.7%
    • 中央値:132,321 / 165.9%
    • 最小値:85,429 / 290.5%
    • 最大値:217,291 / 24.3%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

素材セクターも同様の動きです。100日移動平均線で止まるのか?

VPU(公益)

VPU(公益)
  1. 株価
    • 先週比:98.8%
    • 年初来:101.4%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :236,855 / 118.7%
    • 中央値:218,992 / 121.9%
    • 最小値:156,624 / 211.7%
    • 最大値:331,744 / 63.2%
  3. トレンドサイン
    • MACDは使いづらい(来週に上昇シグナルに戻る可能性も)、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

公益セクターは三角保合いを形成しており、来週か再来週には方向を決めそうな感じです。長期積み立てではないなら、手を出しづらい感じです。

VIS(資本財)

VIS(資本財)
  1. 株価
    • 先週比:95.1%
    • 年初来:99.3%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :279,245 / 148.5%
    • 中央値:278,293 / 214.6%
    • 最小値:119,082 / 382.5%
    • 最大値:566,531 / 62.0%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

資本財セクターは素材セクターと同じ感じです。

VOX(通信)

VOX(通信)
  1. 株価
    • 先週比:97.1%
    • 年初来:101.4%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :133,777 / 88.1%
    • 中央値:138,707 / 121.4%
    • 最小値:100,521 / 360.2%
    • 最大値:164,623 / 16.0%
  3. トレンドサイン
    • MACDは使いづらい(来週に上昇シグナルに戻る可能性も)、RSIは使いづらい(来週に上昇シグナルに戻る可能性も)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

長らく続いていた上値抵抗線をせっかく抜けていたのに、1週間で戻ってきてしまいました。来週は下値抵抗線をブレイクするかどうかを要チェックです

IYR(不動産)

IYR(不動産)
  1. 株価
    • 先週比:99.2%
    • 年初来:103.1%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :5,035,285 / 84.9%
    • 中央値:5,140,004 / 106.4%
    • 最小値:3,790,617 / 386.1%
    • 最大値:5,641,067 / 30.3%
  3. トレンドサイン
    • MACDは上昇シグナル、RSIは上昇シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

今週は下落したものの、他セクターと異なりMACD・RSIは上昇シグナルを示しています

VFH(金融)

VFH(金融)
  1. 株価
    • 先週比:95.3%
    • 年初来:99.9%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :619,685 / 98.4%
    • 中央値:605,913 / 122.5%
    • 最小値:436,969 / 282.6%
    • 最大値:979,925 / 49.5%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

上昇し続けていた金融セクターですが、年初価格まで戻ってきてしまいました

VDE(エネルギー)

VDE(エネルギー)
  1. 株価
    • 先週比:93.8%
    • 年初来:104.4%
  2. 出来高(今週 / 過去90日比)
    • 平均 :1,072,440 / 85.5%
    • 中央値:1,047,222 / 91.3%
    • 最小値:805,821 / 161.1%
    • 最大値:1,517,303 / 44.7%
  3. トレンドサイン
    • MACDは下落シグナル、RSIは下落シグナル
ろじゃじろう
ろじゃじろう

他セクター同様にサポートラインをブレイクしてしまいました。こちらも100日移動平均線を試す展開か?

2021年はエネルギーセクターが回復していくと思っていることもあり、買増しましたが落ちるナイフを掴んだ感が半端ない(汗)まあ、8万円分しか買っていませんし、下がったら下がったでナンピン買いし続けます。

XLE約定結果

まとめ

元々、2月は下落するという話をじっちゃまこと広瀬隆雄さんがおっしゃられていましたので、冷静に受け止めることができました。わたしはキャッシュポジションも高く、いつも買い時を探っているため下落はありがたいです。

ちなみにわたしは長期投資を資産形成のベースにしており、それは投資信託で積み立てしています。短期売買に使う資産は最大で1割程度です。それをセクターETFによる短期売買をするため、このセクター分析をおこなっています。

この記事を読んでいただいている方も、短期だけではなく長期投資もすることをオススメします。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

わたしにとっては来週も買い場になりそうで、忙しい週になりそうです

コメント