【2020年総括篇】米国株セクター分析

米国株セクター分析2020年総括篇米国株セクター分析

週次と月次で米国株セクター分析をしていますが、2020年についても振り返りをします。

まずは米国株セクター分析をする前に米国市場に関係する出来事を振り返っていきます。

2020年は一言でいうとコロナ相場でした。コロナ関連の出来事を黄色マーカーで塗りました。

2020年米国市場の出来事
  • 1月
    1月24日、27日でS&P500は2.5%下落(コロナ感染拡大を懸念)
  • 2月
    ダウは2月12日、S&P500は2月19日に史上最高値
    そこから3月23日まで大暴落(S&P500は34%)
  • 3月
    サーキットブレーカー発動(3月9日、3月12日、3月16日)
    3月9日に原油価格が-25%以上暴落(サウジ増産&ロシア減産応じず)
    3月15日にFRBが政策金利を1ポイント引き下げる(0〜0.25%)
    3月26日に2兆ドルの経済刺激策が通過
  • 4月
    過去11年で最悪の雇用統計(3月に7万人が失職)を発表
    GDPがリーマン・ショック後で最大の減少
    4月20日にWTI原油先物価格が史上初のマイナスに(-37.63ドル)
  • 5月
    5月25日に黒人男性が白人警察官に死亡させられる
  • 6月
    6月11日にパウエル議長の雇用情勢の先行き不安を示し約6%下落
  • 7月
    7月27日にゴールド価格が9年ぶりに史上最高値を更新
  • 8月
    8月18日にS&P500は史上最高値を更新(9月2日まで連日更新)
  • 9月
    9月2日から23日でS&P500は約10%下落(大型ハイテク株の利益確定売り?)
  • 10月
    大統領選の不透明感から13日から30日でS&P500は7.5%下落
  • 11月
    11月9日にファイザーとバイオンテックのワクチン効果を発表
    11月17日にモデルナのワクチン効果を発表
  • 12月
    12月3日に英国はファイザーのワクチンを認可
    12月11日にFDAはファイザーのワクチンを認可
    12月18日にFDAはモデルナのワクチンを認可

    12月21日にテスラがS&P500に組み入れられる

2020年の出来事の参考情報
Key moments that rocked — and then repaired — the stock market in 2020

ろじゃじろう
ろじゃじろう

わたしのニュース選定もありますが、コロナ関連が半数近く占めました

これらの出来事を頭に入れた状態で、この後の米国株セクターの分析を見ていただけるとチャートや株価の推移などを見る際に役立ちます(自分にも言い聞かせています w)。

各種指数・指標の振り返り

米国主要指数パフォーマンス

最終的には4指数ともに上昇しました。

指数年初終値年末終値騰落率最大値最小値
S&P500指数3,257.853,756.08115.3%3,760.202,191.86
ナスダック100指数8,872.2212,888.28145.3%12,925.536,771.91
ダウ平均株価28,868.8030,606.49106.0%30,637.4718,213.65
ラッセル2000指数1666.77151974.8554118.5%2,026.2380966.2156

上昇率はナスダック100>>ラッセル2000>S&P500>ダウとなりました。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

ラッセル2000がS&P500をアウトパフォームしているのは意外でしたが、ボラタリティは高いですね

その他関連指標

米国債10年利回りは半減し、株式市場にとってはプラスでした。

関連指標年初終値年末終値騰落率最大値最小値
米ドル/円108.569103.25295.1%112.228101.180
米国債10年利回り1.880.91848.8%1.9480.360
金価格(XAUUSD)1529.1081898.391124.2%2075.2821451.432
WTI原油価格61.1448.1878.8%65.62-37.63
ろじゃじろう
ろじゃじろう

実体経済と株価の乖離は更に大きくなりました

米国株セクター分析結果

米国株セクター概要

finviz.comのS&P500Mapを用いてセクターの2020年の値動きを把握します(2021年1月2日調べ)。

ハイテク関連が大きく上昇しました。またテスラは7倍以上に上昇しています。

一方でエネルギーセクター、銀行、航空関連が大きく下げました。

米国株セクターETF毎の騰落率サマリ

セクター分析に用いるETF一覧

微妙にfinviz.comのセクター分類と異なる銘柄が存在しています。例えば、ビザとマスターカードが金融ではなく、情報技術に分類されていたりします。

セクターETF主要構成企業(上位3位+私が気になった銘柄)
情報技術VGTAAPL、MSFT、V、MA、NVDA、PYPL、ADBE
一般消費財VCRAMZN、HD、TSLA、MCD、NKE
ヘルスケアVHTJNJ、UNH、PFE
生活必需品VDCPG、KO、PEP、WMT、PM
素材VAWLIN、APD、NEM
公益VPUNEE、D、DUK
資本財VISUNP、HON、UPS
通信VOXFB、GOOG、GOOGL、VZ
不動産IYRAMT、PLD、CCI
金融VFHJPM、BRK-B、BAC
エネルギーVDEXOM、CVX、COP
※ETFはバンガード社(不動産のみステート・ストリート社)、リンク先はブルームバーグ

セクターETFの株価(終値)と騰落率

各セクターETFの株価(終値)と騰落率は以下のとおりです。

年初来:S&P500指数と年初終値を上回ったセクターは緑色、下回ったセクターは赤色で表示

セクターETF年初終値年末終値年初来
情報技術VGT249.34353.79141.9%
一般消費財VCR191.73275.18143.5%
ヘルスケアVHT192.07223.73116.5%
生活必需品VDC159.87173.92108.8%
素材VAW132.75156.97118.2%
公益VPU141.12137.2297.2%
資本財VIS156.4169.99108.7%
通信VOX95.02120.2126.5%
不動産IYR92.0585.6593.0%
金融VFH76.9372.8594.7%
エネルギーVDE82.1951.8663.1%
S&P500VOO298.42343.69115.2%

セクターETF毎のチャート分析

日々の値動きを把握するために、Trading Viewを用いてチャートをチェックします。

以下のチャートは全て「日足チャート」です。チャートに100日移動平均線、出来高を重ねています。また、テクニカル指標としてMACDとRSIも合わせて表示。

VOO(S&P500)

VOO(S&P500)

チャートからの気付き

  • コロナショック(2月21日〜3月末)
    • RSI:2月28日に20をつけた後に反転するも株価は25%大暴落
    • MACD:3月26日にゴールデンクロスするも株価は7%弱下落
    • MACDのゴールデンクロス+RSI50超えした4月8日インがよかった?
  • 原油暴落(3月9日)
    • コロナ要因の下落の方が大きい
  • 政策金利を臨時のFOMCで1ポイント引き下げ(3月15日)
    • 10%を超える下落、臨時はインパクト大でした
  • ゴールド価格史上最高値更新(7月27日)
    • 特に関係なし
  • 大統領選(10月上旬〜10月末)
    • 株価は8%近い下落
    • RSI:40を下回ったたところで反転
  • その他
    • 100日移動平均線で反転することが多い(過去も)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

1年間で見ると現在株価は過熱感なし

VGT(情報技術)

VGT(情報技術)

チャートからの気付き

  • コロナショック(2月21日〜3月末)
    • RSI:2月27日に20台をつけた後に反転するも株価は23%大暴落
    • MACD:3月26日にゴールデンクロスするも株価は7%弱下落
    • MACDのゴールデンクロス+RSI50超えした4月6日インがよかった?
  • 原油暴落(3月9日〜4月末)
    • コロナ要因の下落の方が大きい
  • 政策金利を臨時のFOMCで1ポイント引き下げ(3月15日)
    • 10%を超える下落、臨時はインパクト大でした
  • ゴールド価格史上最高値更新(7月27日)
    • 特に関係なし
  • 大統領選(10月上旬〜10月末)
    • 株価は10%を超える下落(バイデン当選リスク回避)
    • RSI:35で反転
  • その他
    • 100日移動平均線で反転することが多い(過去も)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

9月上旬、10月末の下げは大きかったですが、1年で見ると高成長でした

VCR(一般消費財)

VCR(一般消費財)

チャートからの気付き

VOOと大差ないため割愛します

ろじゃじろう
ろじゃじろう

2020年最も上昇したセクターですが、動きは大きく変わりませんでした

VHT(ヘルスケア)

VHT(ヘルスケア)

チャートからの気付き

VOOと大差ないため割愛します

ろじゃじろう
ろじゃじろう

ワクチンから次の話題をつくって欲しいところ(予防医療やバイオ関連)

VDC(生活必需品)

VDC(生活必需品)

チャートからの気付き

  • VOOと大差ないですが微妙な差はある
  • コロナショックの暴落は一番少なかった(27%程度)
  • コロナショック前の水準に戻るのが2ヶ月遅かった
ろじゃじろう
ろじゃじろう

今年はS&P500をアンダーパフォームしましたが暴落耐性を発揮しました

VAW(素材)

VAW(素材)

チャートからの気付き

VOOと大差ないため割愛します

ろじゃじろう
ろじゃじろう

ゴールドやシルバー価格上昇の影響は限定的(セクターに占める割合は1割程度)

VPU(公益)

チャートからの気付き

  • その他
    • コロナショック後の回復が弱かった
    • 大統領選後に株価が下落トレンド入り
    • 100日移動平均線で反転できないことが多かった
ろじゃじろう
ろじゃじろう

バイデン当選で公益は上がり、ハイテク下がるとの見方もありましたが、真逆の結果に

VIS(資本財)

VIS(資本財)

チャートからの気付き

  • その他
    • コロナショック後の回復が弱かった
    • 大統領選後にコロナ前の株価に戻る
    • 100日移動平均線で反転することが多い(過去も)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

実体経済の活動再開タイミングの影響からか戻りは遅かったものの、コロナ前の水準を超えてきました

VOX(通信)

VOX(通信)

チャートからの気付き

VOOと大差ないため割愛します

ろじゃじろう
ろじゃじろう

情報技術同様、コロナの引きこもりの影響を受けづらいセクターですね

IYR(不動産)

IYR(不動産)

チャートからの気付き

  • その他
    • コロナショック後の回復が弱かった
    • 大統領選後もコロナ後の6月高値を超えられず
    • 100日移動平均線で反転できないことが多かった
ろじゃじろう
ろじゃじろう

在宅で商業施設の価値が暴落、アフターコロナでも元の需要には戻らない?

VFH(金融)

VFH(金融)

チャートからの気付き

  • その他
    • コロナショックの影響は大きく、その後の回復が弱かった
    • 6月の雇用情勢発表後、軟調局面続く
    • 大統領選前の底値から27%上昇と大きく戻す
    • 100日移動平均線で反転できないことが多かった
ろじゃじろう
ろじゃじろう

個人的には金融セクターはガチホするより短期狙いで使いたい感じ

VDE(エネルギー)

チャートからの気付き

  • 原油暴落(3月9日)
    • 約20%の暴落で他セクターの倍近い下げ
  • その他
    • コロナショックの影響は大きく、その後の回復が弱かった
    • 6月の雇用情勢発表後、下落トレンド入り
    • 大統領選前の底値から最大55%も戻す(現在42%)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

大きく戻してきたものの、コロナ前水準まで約40%もあるため、どこかでインしたいところ

まとめ

米国株投資をはじめて1年も経っていないわたしですが、スタート時点に比べればかなり成長できました。

チャートだけ見ていても新たに出てきたニュースに対応することはできないものの(それはポートフォリオでリスクを減らす工夫をする)、ちゃんと勉強しないといけないなと実感させられました。

例えば、RSIが20〜30を下回ると売られすぎ、70〜80を上回ると買われすぎと言われたりしますが、ダマシもあるためMACDや移動平均線なども併用し、トレンドを読めるようにならないといけないなと。

年末に購入した書籍、マーケットのテクニカル分析で勉強します。

マーケットのテクニカル分析
created by Rinker

2020年ろじゃじろうの振り返り

わたしは2020年2月28日に米国市場への投資をスタートしました。

その後、3月は在宅勤務でお金を使わなくなりました。そのお金を投資信託を通じて1000円〜2000円ずつ手動で毎日投資していました(笑)今思うと100倍くらいの規模感で投資していればよかったですが、この経験を通じてリスク許容度を徐々に高めていくことができました。

投資スタート時に投資した銘柄

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • ニッセイ日経225インデックスファンド

その後、YouTubeやTwitterなどから米国株の情報を得ていき、高配当株への興味が湧いてきました。

そこでベタベタな3種の高配当ETFに出会いました。

投資していた高配当ETF

  • SPYD
  • VYM
  • HDV

その後、わたしの投資方針的には高配当株じゃないなって考えが変わり、売却しようと考えていたら大きく下げてしまいました・・・なんとか含み損を耐え、11月9日のワクチン発表日の高値圏で全部売却し、プラスで手仕舞うことができました。

また、自身の長期的なポートフォリオとして、対S&P500でヘルスケアセクター生活必需品セクター情報技術セクターの比率を高めたロジャーズ次郎の秘密のポートフォリオを考えました。

そんなこんなで無事に2020年の取引をプラスで終えることができました。

コメント