【2020年11月版】米国株セクター分析

米国株セクター分析2020年11月版米国株セクター分析

大統領選の前の不安な相場で10月末は大きく下落していましたが、11月の相場は強かったですね。

10月の下落を全て取り返し、非常に大きく上げました。10月末の下落時に投資できた人はおめでとうございます!わたしは10月末は怖くて投資できませんでしたが、11月頭に投資して利益を得ることができました。

それではさっそく2020年11月の米国株セクター分析をしていきます。

米国主要指数パフォーマンス

冒頭のコメントの通り、各指数とも大きく上昇しました。

指数先週終値今週終値騰落率
S&P500指数3,270.003,621.60110.8%
ナスダック100指数11,052.9512,268.32111.0%
ダウ平均株価26,501.6029,638.65111.8%

S&P500指数とダウ平均株価の終値は史上最高値を更新しています。

米国株セクター分析結果

S&P500Mapで概要を把握する

finviz.comのS&P500Mapを用いてセクターの2020年11月の値動きを振り返っていきます。

米国株セクター概要

以下の画像は12月2日に出力したため、11月頭から1ヶ月のものになっていますが、ほとんどのセクターで上昇が見られます。唯一元気がないのは公益セクターでした。

セクターETFの騰落率サマリ

セクター分析に用いるETF一覧

微妙にfinviz.comのセクター分類と異なる銘柄が存在しています。例えば、ビザとマスターカードが金融ではなく、情報技術に分類されていたり、一般消費財セクターにTSLAが入っていたり(2020年11月7日現在ではS&P500にTSLAは入っていないので当然ですが)。

セクターETF主要構成企業(上位3位+私が気になった銘柄)
情報技術VGTAAPL、MSFT、V、MA、NVDA、PYPL、ADBE
一般消費財VCRAMZN、HD、TSLA、MCD、NKE
ヘルスケアVHTJNJ、UNH、PFE
生活必需品VDCPG、KO、PEP、WMT、PM
素材VAWLIN、APD、NEM
公益VPUNEE、D、DUK
資本財VISUNP、HON、UPS
通信VOXFB、GOOG、GOOGL、VZ
不動産IYRAMT、PLD、CCI
金融VFHJPM、BRK-B、BAC
エネルギーVDEXOM、CVX、COP
※ETFはバンガード社(不動産のみステート・ストリート社)、リンク先はブルームバーグ

【月間】セクターETFの株価(終値)と騰落率

各セクターETFの株価(終値)と騰落率は以下のとおりです。

セクターETF20年10月終値20年11月終値騰落率
情報技術VGT297.99335.33112.5%
一般消費財VCR229.12261.48114.1%
ヘルスケアVHT198.15215.66108.8%
生活必需品VDC159.52172.13107.9%
素材VAW135.07152.22112.7%
公益VPU135.41137.34101.4%
資本財VIS143.19167.29116.8%
通信VOX102.64115.26112.3%
不動産IYR77.5184.16108.6%
金融VFH58.9468.59116.4%
エネルギーVDE38.9149.82128.0%

全てのセクターが上昇しましたが、公益セクターは上昇幅が少なかったです。

【年初来】セクターETFの株価(終値)と騰落率

年初来からの騰落率順で表にしてみました。

セクターETF20年1月2日終値20年11月30日終値騰落率
一般消費財VCR191.73261.48136.4%
情報技術VGT249.34335.33134.5%
通信VOX95.02115.26121.3%
素材VAW132.75152.22114.7%
ヘルスケアVHT192.07215.66112.3%
S&P500VOO298.42332.64111.5%
生活必需品VDC159.87172.13107.7%
資本財VIS156.4167.29107.0%
公益VPU141.12137.3497.3%
不動産IYR92.0584.1691.4%
金融VFH76.9368.5989.2%
エネルギーVDE82.1949.8260.6%

S&P500を上回ったのは5セクターでしたが、特にGAFAMを含む、情報技術、一般消費財、通信の上げは大きいですね。更に一般消費財は6倍以上に上昇したテスラが含まれていることも影響しています。

一方、その他の6セクターはS&P500を下回り、その中でも年初来を下回っているセクターが4セクターもあります。

公益は11月9日のコロナワクチン発表後に年初来高値を更新しましたが、その後下げてしまいました。

11月にエネルギーは28%も上げていますが、年初来で見ると60%とホルダーには非常に厳しい状況が続いています。

まとめ

今回始めて月間の米国セクター振り返りをしてみました。

年初来や月間での視点で振り返ることは、各セクターのトレンドを見る上では重要ですね。私自身の相場観を養うためにも、しばらく続けてみようとおもいます。

コメント