ゼロからの初心者向け

【投資初心者向け】楽天証券で口座開設する利点と開設までの流れ

前回の記事、米国株を売買する前に投資の目的を整理しようを理解したら、さっそく米国株を買うために証券口座を開設しましょう! ろじゃじろう 第2話は「証券口座を開設する流れとおすすめ証券会社」です ろじゃじろうの失敗しない米国...
ゼロからの初心者向け

【投資初心者向け】米国株を売買する前に投資の目的を整理しよう

今や空前の米国株ブームが来ています。この記事を読んでいるあなたも「ブームに乗って一儲けしてやろう!」と鼻息を荒くしている一人かもしれませんが、少し落ち着いてください。このままの勢いで投資すると損して、株式投資がいやになってしまうことになるかもしれません。
銘柄解説

【QCLN、ICLN、PBD】クリーンエネルギーETFの3種を比較!

バイデン氏が大統領になることで注目されているのがクリーンエネルギーです。「国策に売りなし」や「政策に売りなし」という相場格言がありますし、そこに乗っかろうという人が増えるのは当然の結果と言えるでしょう。 こんな人におすすめの記事で...
米国株セクター分析

【2021年1月4日週】米国株セクター分析

今週は上院のジョージア週決選投票がありました。結果、民主党が2議席とも獲得しブルーウェーブになりましたが、60議席以上ないため議事妨害(フィリバスター)によって、結局は大きな議案は決められない展開が続きそうです。 相場の動きはリスク...
資産運用結果

【2020年12月実績報告】ろじゃじろうの資産運用

12月は公益以外のセクターが上昇しましたので、多くの投資家にとって利益を増やしやすい月だったのではないでしょうか? コロナを過去のものとしてくれたワクチンの承認&接種開始はプラスの材料となりました。 ろじゃじろう わたしのポー...
米国株セクター分析

【2020年総括篇】米国株セクター分析

週次と月次で米国株セクター分析をしていますが、2020年についても振り返りをします。 まずは米国株セクター分析をする前に米国市場に関係する出来事を振り返っていきます。 2020年は一言でいうとコロナ相場でした。コロナ関連の出来...
米国株セクター分析

【2020年12月版】米国株セクター分析

12月はコロナウイルスのワクチン承認&接種開始されました。 これによってコロナウイルスは(株式市場にとっては)過去の出来事となりました。そんな影響でワクチンを開発しているファイザーやモデルナなどのワクチン銘柄の株価は下がりました。 ...
米国株セクター分析

【2020年12月28日週】米国株セクター分析

今週はS&P500、ダウ、ナスダック100の3指数が上昇、ラッセル2000は下げました。 ろじゃじろう わたしの含み益は最高値をつけて2020年を終えることができました 年末で出来高はいつもより1割程度少なめですが、...
米国株の比較検証

【米国株】セクターETFの11種まとめ

米国株は11種のセクターに分類されおり、セクター別に投資できるETFが存在しています。景気と金利などによって、成長するセクターが変わっていきます(それをセクターローテーションと言います)。その波に乗って投資する際にセクター別のETFは役立...
資産運用結果

【2020年】ろじゃじろうの投資成績を大公開

あけましておめでとうございます!今年も本ブログをよろしくおねがいします! わたしは2020年2月に投資をスタートしましたが、今月末で1年になります。 コロナウイルスがキッカケで投資を再開しましたが、これがキッカケで支出の見直し...
資産形成の考え方

米国株・米国ETFの売買代金ランキングから考えさせられたこと

米国株や米国ETFのランキングについて考えてみました。みなさんは何かしら購入しようとする時にランキングを参考にする方は多いのではないでしょうか?それはランキング上位のものを選択すれば「いいものに違いない」、「ハズレを引きづらいだろう」とい...
銘柄解説

シルバーETF(SLV)にわたしが投資する3つの理由

シルバーETF(銀)に投資する理由について書いていきます。 わたしの保有するETFの中で最も比率が高いのがゴールド(GLDM)で、ポートフォリオの20%を目指して投資しています(現在は7%)。 高橋ダンさんがオススメする長期積...
資産形成の考え方

誰でもできる本多静六の資産形成の方法を体現して豊かな人生を!

今から150年以上前に生まれた本多静六さんをご存知でしょうか? 本多静六さんはこんな人 1866年 埼玉県生まれ林学博士(現在の)東京大学農学部の教授370冊以上の著作を残した40代にして100億円以上の資産を築いた ...
ポートフォリオ

2021年以降の相場を見据えて投資信託で新興国株式を積立購入

2020年も残すところあとわずか。2021年に向けた投資方針を考えていきます。 ろじゃじろう わたしは毎月12.3万円を投資信託で積立投資しています! エリアファンド名金額全世界eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本...
スポンサーリンク