金鉱株・金鉱株ETFでゴールド投資を検討する際の注意点

金鉱株・金鉱株ETF ゴールド投資の注意点銘柄解説

ゴールドに投資する理由は主に3つ挙げられます。

  1. ●●ショック時に守ってくれる資産である
  2. 直近20年間は上昇トレンドにある資産である
  3. 量的金融緩和で資金がジャブジャブなのに金は割安である

詳細を知りたい方は下記のゴールドETF(GLDM)にわたしが投資する3つの理由を読んでください。

上記の記事ではゴールド投資の方法として4つを挙げていました。

  • 貴金属店で金貨での購入
  • 直営店で金地金(きんじがね、きんじきん)を購入
  • 純金積立で購入する
  • 金ETF(上場投資信託)で購入する

本記事では5つ目の投資法として金鉱株金鉱株ETFを紹介します。また、注意点についてもまとめましたので、ゴールドに投資する際の参考にしてください。

金鉱株・金鉱株ETFとは

ろじゃじろう
ろじゃじろう

主に金(ゴールド)などの貴金属の採掘・精錬に関わる企業の株式のことです(金鉱株ETFはそういった企業をまとめた投資信託)

金鉱株・金鉱株ETFの買い方

金鉱株と金鉱株ETFは証券会社を通じて、投資することができます。これは普通の株式投資と同じです。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

この記事では楽天証券で投資できる金鉱株・金鉱株ETFについて紹介します

金鉱株の概要

比較表

ティッカー会社名売上高
[億ドル]
当期純利益
[億ドル]
配当利回り企業スコア総合
GOLDバリック・ゴールド126.023.21.75%★★★★★
NEMニューモント・マイニング97.428.13.83%★★★
AEMアグニコ・イーグル・マインズ31.45.12.25%★★★
WPMウィートン・プレシャス・メタルズ8.60.91.21%★★★
SSRMSSR マイニング8.51.31.27%★★★
CDEコーマイニング7.90.26★★
RGLDロイヤル・ゴールド5.02.01.09%★★★★
KLカークランド・レイク・ゴールド0.32%★★★★
HMYハーモニー・ゴールド・マイニング20.0-0.6
2021年2月23日調べ、リンク先はブルームバーグ、企業スコアは楽天証券の競合分析より
ろじゃじろう
ろじゃじろう

わたしがよく目にするのはバリック・ゴールドニューモント・マイニングの2社です(売上高も高いですね)。バリック・ゴールドはバフェット率いるバークシャー・ハサウェイが2020年に投資したことでも話題に上がりました。

金鉱株ETFの概要

比較表

ティッカーGDXGDXJ
名称ヴァンエック・ベクトル・金鉱株ETFヴァンエック・ベクトル・中小型金鉱株ETF
時価総額140.9億ドル52.0億ドル
組入銘柄数5188
経費率0.52%0.54%
配当利回り0.56%1.70%
設定日2006年5月22日2009年11月11日
基準通貨USDUSD
運用会社VanEckVanEck
取引所NYSE ARCANYSE ARCA
2021年2月23日調べ、リンク先はブルームバーグ
ろじゃじろう
ろじゃじろう

GDXGDXJの2種が規模も大きくメジャーな金鉱株ETFです

構成国の比率

GDXトップ10カントリー
GDXJトップ10カントリー
ろじゃじろう
ろじゃじろう

GDXはカナダ、アメリカ、オーストラリア、GDXJはカナダ、オーストラリア、南アフリカで8割を超えます。中小型株の比率が高い影響なのか、GDXJのアメリカの比率は低いようです。

構成業種の比率

左:GDX、右:GDXJ

GDXとGDXJのセクター比率
ろじゃじろう
ろじゃじろう

金鉱株はゴールド以外にも貴金属やその他採掘も混ざっています。GDXJはゴールドの比率が7割弱と少ない点が特徴的です。ゴールドの投資という観点で考えるとGDXへの投資がマッチしていると言えます

構成比率トップ10

左:GDX、右:GDXJ

GDXとGDXJの構成銘柄トップ10
ろじゃじろう
ろじゃじろう

GDXのトップ10にには金鉱株で紹介した企業が5社入っていました。一方のGDXJにはSSR マイニングの1社が入っていました。

重複率(時価総額ベース)

金鉱株ETFのGDXとGDXJの重複率(時価総額)
ろじゃじろう
ろじゃじろう

重複率は4割弱と多くはありませんでした

金鉱株・金鉱株ETFに投資する際の注意点

ろじゃじろう
ろじゃじろう

金鉱株投資とゴールド投資を比較した際に注意すべき点があります

  • 金鉱株はゴールド価格に概ね連動する
  • 対ゴールド価格でレバレッジ型やインバース型のような値動きする
ろじゃじろう
ろじゃじろう

この注意点を確認するために、過去のチャートを見ていきましょう

ゴールド投資との比較

GDXとGOLDとGLDのパフォーマンス比較

GLD(ゴールドETF)と比べるとStdev(標準偏差)が高く(=バラツキが大きい)、BestYearとWorstYearの振れ幅が大きいことがわかります。

コロナショック前後の資産推移を見ていきます。

年次GLDGOLDGDXGDXJ
2020年1月(コロナ前)100%100%100%100%
2020年3月(コロナ底)99.1%99.3%79.5%67.6%
2020年7月(コロナ後天井)125.2%158.3%186.4%215.1%
2020年1月→2020年3月、2020年3月→2020年7月の株価の変動率

GLD(ゴールドETF)を基準とした場合、GOLD(バリック・ゴールド=大手金鉱株)、GDX(金鉱株ETF)、GDXJ(中小型・金鉱株ETF)と企業の規模が小さくなるにつれて、変動率が大きくなっていくことがわかるかと思います。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

大型株→小型株の順にボラタリティが大きくなっていき、それによって投資の難度が高くなりますので、安全にゴールドに投資したい人はGLD(経費率の安いGLDM)がオススメです

まとめ

金鉱株・金鉱株ETFはゴールド価格と比較するとボラタリティが高く、難度の高い投資であることを書いてきました。しかし、●●ショックのような大暴落時に大きく値を下げた際に投資することができれば、大きくリターンを得ることができるため、今回の事実を知っておくとよいです。

ろじゃじろう
ろじゃじろう

ちなみに、わたしは8月のゴールドの高値圏でバリック・ゴールドを掴んでしまい損してしまいました(笑)

みなさんの投資の一助になれば幸いです。

コメント