見栄にお金を払うのは投資家失格!?

見栄にお金を使っていませんか?支出を減らす

投資で財産を築くためには次の公式で考える必要があります。

投資利益 = 投資元金 × 投資利回り

長期投資メインでしかもS&P500インデックスに連動するような投資信託、ETFへ投資していると投資利回りは年間10%もいかないでしょう。

となると投資利益を増やすためには投資元金を増やす必要があります。

投資元金を増やすためには、支出を減らす所得を増やす必要がありますが、この記事では前者の支出を減らす方法の中でも「見栄」について、ロジャーズ次郎の失敗談を元に解説していきます。

ロジャーズ次郎が見栄にお金を使った3選

プラチナカード

まず最初はクレジットカードです。完全に見栄を張るためにアメックスのプラチナカードを利用していました。アメックスと言っても色々とありまして、わたしの使っていたのはJALのプラチナカードだったので年会費は3万4000円と安価なものでした。

ただ、プラチナカードであることを恩恵を受けておらず、金額の大小に関わらず無駄なお金でした。

そもそも入会したキッカケは組織変更によって、営業部門をみることになったことです。「お客さんと会食に行く時にゴールドカードでは恥ずかしいですよ」と部下に言われたことがキッカケでした。「確かに部長職だし、プラチナカードくらい持っていた方がいいか」と考えました。

そして、プラチナカードを手に入れた後に何度もお客さんと会食に行きましたが、一度もわたしが支払う機会がない(笑)部下が支払いをやってくれており、わたしがカードを出す機会がありませんでした。

ついにわたしが一番下っ端の会食に参加した時に支払う機会が到来!でも、常識人なわたしはさりげなく支払いを済ませるため、お客さんの前でそもそも財布出して支払いません。

3年間プラチナカードを保有していましたが、一度たりとも当初目的のために使われることはありませんでした。ということで、解約することにしました。

高価なオーダーメードスーツを買う

次は洋服です。

これも上記の営業部門をみるようになったタイミングのことです。わたしはIT企業勤務で普段はデニムにTシャツみたいな格好で勤務していたのでスーツを着ていませんでした。

「部長たるものいいスーツを着た方が良いよな」ということでオーダーメードスーツをつくりに行きました。そこでドンドンこだわり出して1着15万円近い金額になりました(汗)スーツにこだわりのある人はみると生地の良し悪しとかわかってくれていましたが、これも完全に自己満足でした。

そもそも販売している商品自体が、わたしのスーツの良し悪しで買うか買わないか判断するような商材でもありませんし、自信の無さをカバーするためにだったのかもしれません。自分を持っていれば、そんなに気にするようなことでもないですね。

ちなみにオーダーメードスーツ自体は着心地も良いのでオススメですよ!(無駄に高い生地やカスタマイズしなければ、既製品のものよりも安くてフィット感が高い)

飲み会でおごる

最後は飲み会で部下たちにおごることです。今までに200万円以上はおごっています。

やっぱり部下には大きく見せたいですよね。それとわたし自身がメンバーだった時は上司がお金を払ってくれていたので、そういうもんだろうという価値観になっていました。

毎月5万円くらい、忘年会シーズンなどでは20万円くらいは払っていた気がします。

ふとした時に「なんで俺が払っているんだろう?」と思い、多めに払うものの割り勘にするようにしました。それで飲み会に誘ってもらえないなら、それまでの関係だったと考えるようにしました。幸いにも変わらず誘ってもらっているので、お財布として見られていたわけではないんだなと安心しました(笑)

最近ではコロナウイルス の影響で飲み会自体に行く機会が大幅に減ってしまったので、おごるどころかお金を使う機会が減ってしまったのは寂しいですね。

まとめ

今まで見栄に多くのお金を費やしてきましたが、特に後悔はしていません。

なんやかんや羽振りよりお金を使うことで楽しんだり、気持ち良くなったりしていますしね。こうして失敗事例(?)として皆さんに伝えられるネタに使えたりと、再利用できていますし(笑)

ということで、皆さんも「これは見栄にお金を使っているのではないか?」という観点で支出に向き合ってみてください!

ブログランキング投票!

↓記事がよかったら押してください↓

にほんブログ村バナー

↓わたしのモチベが上がりますw↓

ブログランキングバナー
支出を減らす
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ろじゃじろうのTwitterフォローする
ろじゃじろうの米国ETF投資で億り人ブログ

コメント