【2020年8月】私のポートフォリオ(米国ETF)の組入銘柄を検証

ポートフォリオ

私は複数の米国ETFを購入することで、リスク分散をしようとしているのですが、「面倒なことをせずVOOだけを買っていた方がいいんじゃないか?」と疑問が出てきました。

VOOはウォーレン・バフェットも「奥さんに残す資産の90%をS&P500のインデックスファンドで、残りの10%を政府短期債で運用するように指示」しています。

気になったら調べずにはいられない性格なので、早速検証してみました。

検証結果は私のポートフォリオの方が分散による下落率低減、株価成長率共によい事がわかりました。

皆さんの資産形成にも活かせると思いますので、参考にしてみてください。

コロナショックのパフォーマンス比較

私のポートフォリオがコロナショックで受ける影響を検証してみた」で私のポートフォリオ全体とVOOを比較してみました。その際は私のポートフォリオの方がパフォーマンスがよかったのですが、金や債券も含まれているためフェアじゃないなと。

そこでVOOと同じ米国ETFだけで比較をしてみます。

ロジャ次郎(米国ETF)とVOOを比較

結果はロジャーズ次郎のポートフォリオの方がわずかな差ではありますが、VOO単体よりもよかったです(嬉)

上記の「開始時」は2018年6月26日です。

あくまで2年程度の期間のパフォーマンスでしょ?」と思われても嫌なので、私の組み入れ銘柄の中で最も新しいHDVができたタイミングである2011年3月31日(HDVの設定日は2011年3月29日ですがデータ取得できず)からのパフォーマンス推移を比較してみました。

結論は全ての期間において、私のポートフォリオのパフォーマンスが高かったようです。約9年でロジャーズ次郎のポートフォリオは284%、VOOは254%となっており、1割程度の差が出るようです。

ロジャーズ次郎のポートフォリオの銘柄紹介

VOOよりもパフォーマンスがよかった私のポートフォリオですが、どんな銘柄が組み込まれているのかをご紹介します。

複数のETFに投資していると「一体、どの株にどれくらいの割合投資しているのか?」がわかり辛くなりますよね。

ただ、ETFを購入する人の大半は組み入れ銘柄のトップ10くらいしか確認しないのではないでしょうか?よって、そもそもどの株にどれくらい投資しているのかを気にしている人がどれだけいるのかわかりませんが、マニアックな方のためにご紹介します。

購入している米国ETFの購入比率

私が購入している米国ETFのポートフォリオ(目標)は以下の通りです。

保有する米国ETFに含まれている銘柄を検証

6つの米国ETFを1つのETFと見立てて、そこに含まれる銘柄と比率がどうなっているのかをVOOと比較してみました。

組み入れ銘柄トップ50

まずはトップ50をご紹介。

シンボルロジャ次郎VOOVOO差
AAPL5.3%5.78%-0.5%
MSFT4.9%6.00%-1.1%
PG4.6%1.15%3.5%
PEP3.2%0.71%2.5%
KO3.0%0.67%2.3%
AMZN2.4%4.49%-2.1%
T1.2%0.84%0.3%
JNJ1.6%1.44%0.2%
XOM1.0%0.74%0.3%
CSCO1.4%0.77%0.6%
WMT2.6%0.66%2.0%
VZ1.1%0.89%0.2%
PFE0.9%0.71%0.2%
INTC1.4%0.99%0.5%
CVX0.8%0.65%0.2%
MRK0.9%0.76%0.1%
FB1.0%2.12%-1.1%
TXN0.8%0.45%0.4%
NVDA0.8%0.91%-0.1%
COST1.3%0.52%0.8%
PM1.4%0.42%1.0%
AMGN0.7%0.54%0.2%
ADBE0.7%0.82%-0.1%
PYPL0.7%0.80%-0.1%
GOOGL0.8%1.65%-0.8%
GOOG0.8%1.62%-0.8%
V0.7%1.26%-0.5%
MDLZ1.1%0.28%0.8%
MO1.1%0.28%0.8%
AVGO0.7%0.49%0.3%
KMB0.8%0.19%0.7%
MA0.6%1.02%-0.4%
CMCSA0.8%0.69%0.1%
GILD0.5%0.38%0.1%
CL1.0%0.24%0.7%
JPM1.0%1.04%-0.1%
QCOM0.6%0.40%0.2%
UPS0.4%0.30%0.1%
MMM0.4%0.35%0.1%
GIS0.6%0.15%0.5%
D0.3%0.27%0.1%
IBM0.5%0.42%0.1%
NFLX0.4%0.77%-0.4%
BAC0.6%0.71%-0.1%
CRM0.4%0.66%-0.3%
WBA0.6%0.12%0.5%
DUK0.3%0.23%0.1%
BLK0.3%0.33%0.0%
ABBV0.6%0.67%-0.1%
TSLA0.3%0.3%

VOOとの1%以上の差がある銘柄

  • 1%以上含有率が高い銘柄
    • PG
    • PEP
    • KO
    • WMT
    • PM
  • 1%以上含有率が低い銘柄
    • AMZN
    • GOOGL&GOOG
    • FB

1%以上含有率が高くなっている銘柄は、VDC(生活必需品セクターETF)を購入している影響が出ています。

逆に1%以上含有率が低くなっている銘柄は、GAFA関連銘柄です。複数の銘柄を組み合わせたことによって下がってしまっています。

1%の差はありませんでしたが、私の銘柄にはTSLA(テスラ)が組み込まれている点が違いです。テスラはS&P500に組み込まれるのではないか?という噂はありますが、イーロンマスクの破天荒ぶりなどもあり、見送られていたりするのかもしれません。

組み入れ銘柄トップ51以降

そもそもニーズがあるのか謎ですが、組み入れ銘柄を全て記載したPDFファイルです。

全部で23ページもあります(笑)

まとめ

私のポートフォリオはいかがでしたか?

あくまで現時点での分散方法になるため、都度見直しをしていく予定です。

皆さんも独自のポートフォリオをつくって、VOO超えを目指してみてください。

コメント